小関隆一

RKDS/RYUICHI KOZEKI

RKDS is a design studio founded by RYUICHI KOZEKI, an art director and designer based in Tokyo.
At RKDS, design is considered the “act of creating value,” and the studio is proactively involved with product concept and development according to the project, discovering the optimal solution or each project by focusing on product design and brand direction, and then realizing it. Most designs are ultimately created into something with shape. But that is only the result of an accumulation of intangible things, like thoughts, ideas, project propositions, and processes. The core essence of design is a guide towards an actual answer for the occasional ambiguous discovery or chaotic problem. Even if the answer is industrial, handicraft-like, or perhaps artistic, it is the mission of RKDS to fulfill the role intended by each project regarding the client, the user, or society.
RYUICHI KOZEKI carries out a wide variety of activities, from product design to spatial and graphics, overseeing projects from a multilateral perspective and also handling brand direction by covering those wide-ranging activities. This involves taking an approach that scrutinizes the balance between the realistic parts like material and technique, and the parts that influence sensitivity like impression and atmosphere, understanding the context, and at times renewal. After graduating from the Department of Design at Tama Art University, KOZEKI was apprenticed to Toshiyuki Kita. He opened his own design studio RKDS in 2011 and has received a number of awards, including the iF Design Award, Good Design Award Special Award and Best 100.

RKDS/小関隆一

RKDSは東京を拠点に活動するデザイナー小関隆一により創立されたデザインスタジオです。
RKDSではデザインを「価値の創出行為」と位置づけ、プロジェクトに応じて製品コンセプトや開発にも積極的に関わり、プロダクトのデザインやブランドのディレクションを中心にそれぞれのプロジェクトに応じた最適解を見つけだし、具現化する活動を行います。デザインは最終的に形のあるものへと落とし込まれる場合がほとんどです。ただしそれは思考や思想、プロジェクトの命題やプロセスなどの目に見えないものの集積が結果として現れるにすぎません。デザインの本質は、時として曖昧な発見や混沌とした問題などを、現実の解答へと導くことそのものであると考えます。たとえ解答が産業的あるいは工芸的、場合によっては芸術的であったとしても、クライアントやユーザー、あるいは社会に対して、それぞれのプロジェクトが意図している役割を果たせるようにすることが使命であると考えます。
小関隆一はプロダクトデザインから空間、グラフィックに至るまで多岐にわたる活動を行い、多角的な視点でプロジェクトを俯瞰し、またそれらを縦断することでブランドのディレクションも手がけます。素材や技術のような現実的な部分と、印象や雰囲気のような感性に働きかける部分のバランスに注視したアプローチで、文脈を捉え、時には更新させるような活動を行います。多摩美術大学デザイン学部卒業後、喜多俊之氏に師事。2011年よりRKDSでの活動を開始。iF Design Award、グッドデザイン賞特別賞やベスト100など受賞。

Publications