Oculus

Desk/Floor Light
Private Project, 2018
Won the Best Performance in Greenhouse, Stockholm Furniture Fair 2018
Photo by Jiro Matsushita

The Experiments That Treats Light Like Architecture.

This project began with the idea of exploring a more fundamental aspect of manipulating the light. The aim of this project was to deal with the light as the context of product design by the view of an architectural perspective such as how the light intrudes and how effect the space. The form of this lighting was decided by the shape of the radiating light from the light source, hollowed-out from the elliptical columnar. By the effect of changing the relationship between the position of the light source and the position of the focal point, the outline of the lighting was changed. It was confirmed that a stronger design with impact may be obtained by setting the conditions than proactive modeling. This extremely primitive design might be interpreted as a form that expresses the shape of light.
The body was made of 3D printed parts. Oculus series was exhibited at Greenhouse in Stockholm Furniture Fair 2018 and won the Best Performance Award.

光を建築的に扱う実験

光を扱うことに対してもう少し根底の部分を探ることができないかというアイデアから始まったこのプロジェクト。このプロジェクトでは建築的な視点で光をプロダクトのスケールに落とし込むことを試みました。光がどのように侵入し、空間に対してその影響はどのように与えられるのかという発想から考えられたもの。光源から放射状に広がる光のフォルムそのものを、ベースとなる立体からくり抜いた形状をした照明器具となっています。光源の位置と焦点の関係を変えることによっても形状が変化することにも着目。条件設定を注意深く行うことにより、能動的な造形行為よりもインパクトのある豊かな効果が得られることが確認できます。光の形そのものを表現した造形と解釈することもでき、極めてプリミティブなデザインであると考えています。
本体は3Dプリンターにより制作されています。2018年のストックホルムファニチャーフェア・グリーンハウスへの出展作品であり同展示会にてベストパフォーマンス賞を受賞しています。